読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/26

初めて貰った手紙を読んだ。


この頃に比べると形も想いも変わって、変わり得ないものなどこの世にないのだと実感する。誰よりも知った気でいて誰よりも知らなかった。気付けばすれ違ってて、たぶん知っていた事実と初めて辻褄があった。


時計の音と鯉の音がする。また、片想いなんて淡い恋が出来るだろうか。


思い切ってピアスを開けてみようかと思ったけど開けられなかった。久しぶりに漂流郵便局に手紙を出そうと思ったけど書けなかった。


決意って惨めなものである。だけど、物語の一部になる。



この世で1番、愛していたと誓おう。



いずれ懐かしい過去に変わる。その時は誰かの隣にいるだろうか。