読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

21508

カウントダウンを始めてもう21500日に近いと思うと、時はホントに早いと感じる。



勉強や自分の趣味を重点的にしている時期はやけに時が緩やかに感じるのに人といる時間が増えるととても早く感じる。人といる時は思考をやめている気がする。最近は人といる時でもたまに別の事考えていたりするけど、基本的には何も考えなくなる。


昔は誰かと会話した記憶を全て覚えていたし人をよく見ていた。そもそも周りを取り巻く人間が少なかったから記憶に留めやすかった事もあるかもしれない。人が多過ぎて1人に対する意識が減ってきている。記憶したい事も忘れたい事も消えていく。人と接する行為が楽になった。それと同時に人に対して興味もなくなって来ている。


無気力なのだろうか。去ってしまってると分かった時は悲しかったけど、次の日には正直どうでもよくなっていて、追いかける気力が湧かない。悲しかったはずなのに悲しむ事すら出来ないくらい興味を失ってしまう。

楽しくない現実で自分にムチを打って生きようとしている。無駄な事だと思いながら何かを掴もうとしてるし、見なければならない場所には言い訳をして目を逸らす。



苦しい事は減った。それと同時に楽しい事も減った。結局、比較対象があるから差が生まれる。戻りたいとも思えないけど、苦しかった時のように脳が溶けて目眩がするような灰色な世界を少し味わいたい。小鉢程度でいい。さすれば始めて現実の世界を鮮やかに見れるような気がする。