読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

21535

今日が人生の中でも、ターニングポイントであればいいなと思っている。

 

久し振りに恋人に会った。試験が終わって、会いに来てくれた。自信がない、そういったら、そんなもんだよね~って言った。どうなるかは結果見てから今後考える、そういったら、そりゃそうだ。って言った。

 

その気軽さが救いだった。もし、同情して慰められても、咎められても、きっとつらかった。あの人は手を差し伸べることはない。差し伸べることはないけど前を振り向かせてくれる。だって前を向かなければ、あの人は先へ進んでしまうから。

 

何度死のうとした時も、結局はあの人に救われてきた。まったく手を差し伸べることはなく、同情する事もなく、立ち上がらせた。

 

痛みや悲しみに効くのは、優しさだとは限らない。

 

厳しさとも違う。側に居るけど干渉はせずに先に進んでいく。背中だけを見せていく。

父親の背中を見るのは私は嫌いだったけど、親の背中を見て子は育つような、たぶん私にとってあの人が親なのかもしれない。

 

あぁ、そうか。心底、愛していると自覚した。