読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

21539

11匹いたタニシが7匹くらい死んでいた。

 

水槽の掃除をした。フィルター部分が汚れていたんで綺麗にして、フィルターを部分交換した。あと水槽の壁も掃除した。水も替えた。水はめちゃめちゃ綺麗になった。でもタニシは死んでた。

調べると多くはPHの偏りだとか。前にソイルを入れた水槽にタニシを入れたら元気がなくなっていた。ソイルは弱アルカリ性にする模様。するとタニシの貝殻が溶け出す。

 

恐らく今回もPHかなと思う。白い、コリドラス用の砂を入れてからタニシが水槽上部に移動することは見かけなくなったから。残った4匹をどうするか迷う。佃煮にでもしようか。まずそう。

 

水が濁っていたのはフィルターの可能性も考えられるが、タニシの死骸も関係していたのかもしれない。

 

石に紛れてたり、白砂の下に埋まっていたりして気づかなかった。バクテリアも分解しきれなかったのかもしれない。結構たくさん居たわけだし。

 

気づかないうちに何もかも濁ってく。要因はもしかしたら、一番近くの隣にいる人間かもしれない。

 

2日ぶりくらいに水泳をした。水につかった瞬間が一番気持ちいい。正直運動はそんなに得意じゃないから、全然泳げない。でも緩やかにクロールして平泳ぎして、沈んでいく。水中を見ているのが好きだ。揺らめいているのが好きだ。

 

小学生の時に4Mくらいの川へ飛び込みしたことを思い出して、また川に行きたいと思った。幼い頃の出来事が今思えば、大変貴重なものに思えてならない。どこの山かも、川かも知らない。ニジマスやアユを釣った。川で泳いだ。飛び込みした。時が経つにつれて増えていく水嵩に驚いた。

 

またあの時に戻りたいとふと懐古したけど、あの時いた人たちはもうバラバラである。

私はあの時の人たちと居たいのに、あの人たちはもう一緒にいることはないのだ。

 

両親の離婚を嘆く機会がくるとは思わなかった。から少し今、驚いている。